1. HOME
  2. セミナーご報告
  3. 大津市PTA連合会でのドラマケーション報告

ドラマケーションご報告

大津市PTA連合会でのドラマケーション報告

 1月26日大津市PTA連合会による「家庭教育推進事業」にて、保護者の方々と子供たち(参加50名ほど)にドラマケーションを体験していただきました。会場は、膳所にある大津市生涯学習センター。膳所(ぜぜ)と読むのですが、これはなかなか読めません。生涯学習センターは、琵琶湖湖畔の膳所城跡のすぐ隣にあり、松尾芭蕉や木曾義仲を祭った有名なお寺も近くにあるようです。
 参加者は幼稚園児も多く、途中で集中度がなくなるのではと心配していたのだが、日ごろから保護者の方々と子供たちのかかわりがしっかりしているのでしょう、からだを通して自分や相手の感覚に気づくメニューや、物事に集中したり瞬間的な判断力を必要としたりするメニューにも楽しんで取り組んでくれました。さすが関西の土地柄だと思わせたのは、人前での表現遊びメニューです。身の回りの品物、バケツやほうき、新聞紙や紐などを使って何かに「見立て」て、表現するメニュー。独創性と発想力は抜群の冴えでした。次から次に人前に出て表現を楽しむのには、さすが関西と拍手を送ります。楽しいワークを支えてくださいましたPTA連合会の笠川会長をはじめ運営委員の方々に心より感謝申し上げます。
 琵琶湖はいつも素通りするばかりで、万葉の時代から戦国と、歴史的に見れば重要で興味深い土地柄であるにもかかわらず滋賀県の地を踏むのは今回が初めて。京都から電車で15分とかからないのには驚きでした。ワーク終了後、瀬田の唐橋や石山寺をまわってきましたが、これを機会に琵琶湖をぐるっと一回り、たびたび訪れたいと思っています。


尾田量生 



大津市PTA連合会 大津市PTA連合会 大津市PTA連合会 大津市PTA連合会