1. HOME
  2. セミナーご報告
  3. 2008年11月3日-4日実施ドラマケーション

セミナーご報告

2008年11月3日(月)・4日(日)と、長崎にてドラマケーションが実施されました

長崎市男女共同参画推進センター・アマランス「市民企画講座」・長崎共育プロジェクト企画によるドラマケーション。


(講師:ドラマケーション普及センター・センター長 尾田和夫)

九州地区でのドラマケーションの開催は、今回が初めてということで、20才代~60才代まで幅広い人たちが参加してくれました。
開始時の緊張した雰囲気も皆さんすぐに打ち解けて、なごやかで笑いの絶えない、あっという間の2時間半でした。これを機会に、長崎で少しでも、ドラマケーションが広まってくれればと思わずにいられません。

負けジャンケン

和になろう

音送り

コトコトナビ

■11月4日:鳴鼓小学校での教職員研修ドラマケーション

長崎でのドラマケーション開催に奔走していただいた堀田先生の職場で実施させていただきました。鳴鼓小学校は長崎県の西彼杵郡時津町の高台にある、日当たりのいい開放感あふるる小学校でした。
「ウォーキング」「背中あわせ」から始まって、特に「和になろう」は、14人で難なくクリアーしたのには驚かされました。10人以上になるとけっこう難しいんです、これ。きっと、普段から先生方のチームワークが取れているん でしょう。
早速、ドラマケーションを子供たちに試していただいたと聞きました。
鳴鼓小学校の校長先生をはじめ職員の先生方、いろいろありがとうございました。

おでんの具で自己紹介
(しっかり相手の目を見て)

背中倒し
(全幅の信頼で倒れてくれました)

エイトカウント
(体も顔も十分にほぐれてきたようです)

和になろう
(息がぴったりと合っていました)